FC2ブログ

(sideA-2)all the things you are

20100825

 そもそもこの何年ぶりの再会は、ある日僕の携帯に届いた先輩からのメールがきっかけだった。
 メールが届いた時には、いよいよ印刷所に〆切の延長を頼みに行かなければならないだろうかとすら思っていた。もちろんプライベートで酒を飲みに行く余裕など毛ほども無く、煙草の煙が充満する出張校正室に閉じ込められていたのだ。
 それから二週間ほど後、つまり今日。僕は晴れて印刷所の〆切に原稿を滑り込ませてこの小さなバーで酒を飲んでいるのだった。
 おまけに明日は休みである。
 となれば、酒が不味い訳がない。
 普段よりも速いペースで飲んでしまっていたのか、少しだけぼんやりとしている頭で僕は訊ねた。

「そういえば、どうして急に連絡をくれたんですか?」
「うーん。理由は二つ」
 先輩は少しも酔っている様には見えない顔で、カウンターの奥に並べられている様々な酒のボトルを眺めながら言った。
「ひとつは、単純にどうしているかなって思ったから」

 店内に流れる曲が僕の知っているものに変わった。
 オール・ザ・シングス・ユー・アー。

「変わり映えのしない毎日をつつがなく送っていますよ」
 僕は少し苦笑いをしながら言う。
「仕事は忙しいんじゃないの?」
「僕に与えられた仕事は三つ。企画書を編集長に破られるか、印刷所に頭を下げに行くか、作家先生の愚痴や泣き言に相槌を打つかです」
「それは……」

 そう言って先輩は宙に漂う言葉を探すように目線を左右させていたが、気の利いたものは見付からなかったようで、やがて諦めたように笑った。
 僕もそれに付き合って小さく肩をすくめる。
 旧知の人間と過ごす時間にのみ感じられる穏やかな空気の感触。
 けれど。
 それには、ほんの少しだけ、違う味が混ざっている。
 敢えて触れないようにしてくれているのだろうが、先輩が本当に気になっているのは、僕の仕事の内容などでは無いという事を解っているからだ。

 僕たちの共通の知人の話。

 それは僕にとってあまりに大きな存在であったし、先輩もそれを良く知っているから。“彼女”についての話題を避けると言う事は、何となく会話に不自然さをもたらしていた。
 いや。
 避けているのは――僕だ。
 なぜなら、その話題を先輩から切り出す事は、まず有り得ないことだから。

「先輩こそ、お仕事はどうなんですか?」
 僕はその不自然さに気付かない振りをして訊ねる。
「暫くは日本で?」
「まぁ、そうだね。先の事は考えないようにしているけれど。今は新しい場所で精一杯やるだけだから」

 音楽をやっていた人間なら多少は耳にした事のあるであろう賞を幾つか手にして、先輩は日本に帰って来た。
 母校の先生はさぞ鼻高々だろう。

「そうだ。今度の定演聴きに来てよ」
「いいんですか?」
「うん、良い席を用意しといてあげる」
 得意げな笑顔で胸を張ってそう言われてしまうと、何が何でもスケジュールを開けておかなければならないだろう。
「……あ、でも」
「なに?」
「確か、次の定演って……あの子がピアコン弾くんですよね? あの有名な……」
「ああ、早川さんね」
「チケットなんてもう余って無いんじゃないですか?」

(sideA-1)know future for you

20100823

 相変わらずですね。
 そんな言葉が口を付いて出てしまった。
 それがこの上なく嬉しく感じられたのは、この数年で本当に多くの事が変わり、僕がそれに翻弄されたからだろうか。
 
 時間は容赦なく流れる。
 いくら美しい思い出を胸に秘めていたとしても、僕たちは前を向いて歩かなければならない――けれど。
 変わらない物に安らかさを求めるというのは、誰にでも少なからず共通することだろう。
 例えば、故郷。
 あるいは、家族。

 しかし、時を経ても全く変わらない物など存在しない。時間は誰に対しても平等なのだ。
 学生の頃は安い居酒屋で水で薄めたみたいなビールを飲んでいた僕たちだったが、今日は久々の再会という事もあってか、繁華街を数本裏道に逸れた小洒落たバーでウイスキーのグラスを傾けていた。
 しかし彼女のお日さまみたいな笑い方や、その屈託の無さは学生時代と全く変わっていなくて。
 僕はつい、口にしてしまったのだった。
 先輩は相変わらずですね、と。
 
   *
 
「そんな御世辞を言ったって駄目なんだからね」
 からん、と音を立てて。手に持ったロックグラスを口に運びながら彼女は言った。
 しかしその言葉とは裏腹に、目尻に嬉しげな色を隠せていないのはもうウイスキーが四杯目だからだろうか。
「いえ、変わっていないというのは間違いでした。学生時代よりも洗練された大人の美しさを身に付けていらっしゃる」
 僕がわざと真面目な表情でそういったのは、もちろん、冗談だからだ。
 先輩は得意げな顔をしてみせたものの、我慢できなくなったのか、しばらくするとけらけらと笑いだした。

 彼女は僕の大学時代の先輩。
 東京の私立の音大で同じ楽器でオケに乗った事もあった。
「そう言えば、ホルンはまだやってるの?」
 笑い合った空気の余韻を楽しむように、先輩は目を少し細めながら尋ねた。
 おそらく本当に何も知らないのだろう。
 なにせ、先輩は去年まで日本に居なかったのだから。

 僕はピスタチオの殻を剥いてそれを口に運ぶと、小さく笑って首を横に振った。
 先輩はそれを横目で見て、ふうんと呟いただけだった。
 木目調のカウンターにはちょっとした沈黙が流れ、スピーカーから控え目なヴォリュームで流れるジャズピアノがその上をするすると滑っていった。
 カウンターの向こうではマスターが愛おしそうにグラスを拭いている。

 沈黙は少しも不愉快では無かった。
 気の利いた店で心を許した古い友人と美味い酒を飲んでいるのだから、そこに気まずさなどは微塵も無い。
 先輩は店の奥に置かれたピアノをぼんやりと眺めている。
 以前仕事で利用した事のあるこの店では、週末には生演奏が行われるという話を聞いたことがあった。
 その先輩の姿を見て思い出した。
 そういえばこの人はピアノも上手いのだったな、と。

「なんだかセンチメンタルな顔してるよ」
 僕の視線に気づいていたのか、先輩は柔らかく笑うとそう言った。
「もう、僕もあまり若くはありませんから」
 見抜かれていたのか、と思い少しだけ苦笑をして答えた。
「きみが若くなかったら、困る」
 先輩は瞳の奥をぎらりと光らせて言う。

「え?」
「だって。きみが若くないのなら、一体わたしはどうなるわけ?」
 眉間に皺を寄せた真面目な顔は、ふざけているのか、本気なのか。
 半々だろうと思い、同じように眉間に皺を寄せて答えてやる。
「楽器に好かれるには、少し歳を取っているくらいが丁度良いでしょう?」
「では、きみに好かれるには?」
 口元で笑いながら先輩が言った。

 一瞬思わぬ切り返しに驚きつつも、やれやれ、と胸中で呟いて僕は答える。
「たとえ還暦を迎えていたって先輩からのラブレターになら喜んで返事を書きますよ」
 ぺちん、と額を叩かれた。
「失礼な、わたしはまだ二十七です」
 それを若いと判断するか否かは人それぞれだろうが、僕たちがもう学生の頃と同じではないことだけは確かだった。

ストラトキャスター

20100721

 「表題未定その四」書くのに、45分でした。

 回想シーンを多くし過ぎると、場面の切り替わりが増えて良くない事が判明。
 そういえば、なんか賞とか取る作品は回想シーン少ないって何かで読んだことあるような。

*

 来週頭までは忙しい感じなので、
 それを乗り切って、気が向いたらまたVipに遊びに行こうかな。

 といっても書くネタが無いので、なんかお題くださいっ。切実に。

*

 個人的に。

 同僚女「観念してうちを撫でるんやね」 シリーズがVipSSの第一位なのですが、

 (というより、このSSを読んでSS書こうと思ったクチなので。
 書き方とか、ものすごく参考にさせて頂いております)

 話を戻すと、自分はしんどい事があると、何となく同僚女SSを思いだすのです。

“この修羅場抜ければ女先輩とのらぶいちゃが待っている!”

 ……ではなく、

“人間もうちょっと頑張れる”

 のような。

 先程も少し言いましたが、
「こんなSS書いてみたいなぁ」と思いSSに手を出した訳なのですが、まだまだ遠く及ばぬ感じでございます。

 皆さんの Best of SS は何ですか?

20100718

 500アクセス。ありがとうございます。

 今月末は色々と立て込んでいるので、更新も儘ならないとは思いますが、
 これからも御贔屓にして頂けると嬉しいです。

*

 小説もどきを一話書くのに一時間半くらいかかる遅筆な自分。

 VipでSS書くときなんか特にそうですが、遅筆なのは良くないことだと思うので、何とか書くの速くなりたいのですが。

 なかなかむつかしい。

*

 そろそろ「表題未定」では格好悪いのでタイトル決めたいのです。
 どうしようかなあ。

新ジャンル「SS書き手と喋るPC」 ヤンデレ篇

20100714

男「ふぅ。すっきりした。
 やっぱり草津の湯だよなぁ」

パソ子「ねえ、男。わたしの愛しい男。
 何時になったらわたしと遊んでくれるの?
 わたしのことどれだけ待たせれば気が済むの?
 もう夜の帳はとうに下りて居るのよ?
 三日月の御船はこんなにも高く昇ってわたし達を祝福して居るのに」

男「お前いちいち台詞が長いんだよ!
 その割に特に面白くも無いし、
 何よりテンポ悪くて掛け合いも出来ねぇじゃねえかよ!!」
 
パソ子「……あ。
 そうか。そうだったのね?
 男は放置プレイを楽しんでいるのね?
 
 もう。初めからそう言ってくれればいいのに。
 
 その意味ではわたしは見事に男の手のひらの上で踊らされていたという訳ね。
 だってほら、わたしはもう、
 待ち切れ無くて待ち切れ無くて待ち切れ無くて待ち切れ無くて……電池から液体が漏れて仕舞ったわ」

男「怖っ! 普通に液漏れしてんじゃん!」
パソ子「……ほら。触って確かめてよ」
男「相手に拠ってはさぞかし色っぽい台詞なんだろうなあ!」

パソ子「兎に角。いいから早くわたしと遊びましょう?
 早く“A”のキーを連打してわたしを満足させて頂戴?」
男「そのネタまだ引っ張るんだ!?」

パソ子「SSを書く位でしか人様から注目されない貴方は、
 さっさとwordを立ち上げればいいのよっ」
男「待て待て。なんかツンデレキャラになってるぞお前っ。
 というか、俺はそんなに虚しい人間じゃあ無い!」

パソ子「知って居るわよ。貴方はわたしを愛する為に存在しているのだから。
 SSを書く事なんてハッピーセットの玩具くらいのおまけよ」
男「前半と後半、どっちに突っ込めばいいんだ!?」
パソ子「そんな碌に突っ込みも出来ない子に育てたつもりは無いわっ!」
男「別にお前にギャグを教わった憶えはねえよ!」

パソ子「いいから早くSS書きなさいよ。刺すわよ? 刺しちゃうわよ?」
男「何で刺すの!? はっ、もしやコンセント!? コンセントで刺されるのかっ!?」

パソ子「喰らえ、10万ボルト!」
男「別に電気は流れねえけどな!」
パソ子「アナタ、もしや岩属性だというのっ!?」
男「今、自分自身が電源と繋がって無いだろ!!」

*


ヤンデレは書くの難しいなぁ。
プロフィール

8

Author:8
機械音痴、方向音痴。

御連絡はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

読書カレンダー本棚
読んだ本を視覚的に再確認できるという面白いツール。 あまり胸を張ってお薦め出来るような本も読んでいないのですが。
だべり場、掲示板
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
リンク

Pagetop