スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ラストシーン」 p6

20100728

 二年生の夏――先輩にとっては最後の夏の大会の後、私は練習に出る事が出来なくなってしまった。体調が悪い、などと適当に見え透いた嘘を吐いて、残り少なくなっていた夏休みを家に閉じ籠って過ごした。

 笑われることが、怒られることが、怖かったのだ。

 一週間、二週間……。そうしているうちに、だらだらと時間は流れてしまった。
 明日こそは部活に顔を出なければと思うのだが、いざその“明日”になると、何か適当な理由をこじつけて――自分で自分を納得させようとして、先送りにし、練習を休み続けた。

 弓道はもう辞めても良いと思っていた。
 けれど。先輩たちの三年間の努力を水の泡にしてしまった事を謝らなければ。そのために一度部活に顔を出さなければと、ただそれだけを考えていたのだ。

 無為に時間は流れた。先延ばしにすればするほど、ますます顔を出し辛くなっていった。
 そしてついに、私は夏休みの最終日まで、部活に行く事無く――かといって他に何をするでもなく、エアコンの効いた自室で過ごしてしまったのだった。

 八月三十一日。夏の終わりを感じさせる、そんな肌寒い夜。私は頭を抱えていた。
 明日から新学期が始まる。学校に行けば部活の仲間とも――美月とも顔を合わせなければならなくなる。

 どうしよう。

 私は怖くて電源をつけられなかった携帯電話のスイッチを、恐る恐る入れてみた。
 電源が入ると同時に、画面はメール受信のそれに切り替わった。電源を切っている間に送られてきたメールが受信されているのだろう。

 メールボックスを見ると、部長や、同級生や――美月からのメールが届いていた。
 怒っているんだろうな。大会で醜態を晒して、部活に出てこなくなった私を。いや、もう呆れ果てているのかもしれない。

 もういいや、どうせ辞めるんだし。

 そう思ってメールを開いたのだけれど。
 けれど、メールの内容は――どれもが私を気遣ってくれているものだった。

『高橋さんが気にする必要は少しも無いです、あなたが私たちの為に懸命に練習をしてくれていたのは、誰もが分かって居ます』
 そんな部長からのメール画面を見ながら――私は、届く筈も無いのに、泣きじゃくりながら、謝罪をした。本当にごめんなさい、と。
 ごめんなさい、違うんです。私はそんなに――綺麗な人間じゃないんです。

 『話し相手が欲しくなったら、いつでも電話してね』
 私はそんな美月のメールに甘えて――彼女に電話を掛けた。頼りない電波が寝静まった街を飛ぶ。時間は午前零時。もう眠ってしまっているだろうか。

「ハロー。……あ、間違えちゃった。夜だからグッドイブニングかぁ」

 長い呼び出し音に、やはりもう眠ってしまったかなと思った矢先。電話機から聞こえて来た美月の声に、私は緊張が解けていくのを感じた。
 美月の事だ。敢えて“いつも通り”を心掛けてくれているのだろう。

「それよりさぁ」
 何を言えば良いか躊躇った私を他所に、美月は続けた。
「もうすっかり夏も終わっちゃったよね。私、今ベランダにいるんだけどさ。羽織る物が欲しい感じなのね?」

 美月のそんな言葉に、私も部屋の窓を開けてみた。なるほど、頬を撫でる夜風からは確かに秋の乾いた匂いがした。

「……美月」
「んー? どうしたの?」
「ごめん、美月」
「なに謝ってるのよ。……あ。ひょっとして、冷蔵庫にあった私のプリン食べたの、沙織?」
「私――部活辞める」

 私がそう言うと、美月は言葉を詰まらせた。電話の小さなノイズの音だけが聞こえてくる。

「――沙織、ちょっと待ってて」
 短い沈黙の後。美月は静かな、けれど力強い口調で言った。
「え? 待つって、何が?」

「十五分で沙織の家まで行くからさ。夜のお散歩をしよう」
スポンサーサイト

「ラストシーン」 p5

20100725

 “美月の代わり”になる。

 少しでも美月の事を知って居る人間ならば、それを快く引き受ける者は居ないのではないかと思う。――少なくとも私は、そんな事が自分に出来るとは、到底思わなかったのだ。

「部長から言われてたの、団体戦の事だよね?」

 照りつける夏の日差しの中、「清高ー、ファイオー、ファイオー」と声を上げて外回りのランニングをしていた列に遅れて加わった私に、同級生がそう声を掛けた。
 おめでとう、と。
 
 成程、“おめでとう”か。確かに団体戦のメンバーになることは、めでたい事なのだろう。一定の実力を認められているという事なのだから、私としても嬉しさが全くないと言えば、それは嘘になる。

 だけど……。

 先輩たちの最後の夏に、私が参加をしていいものだろうか。
 美月と比べるべくも無いこの私が、その場所に居ても良いのだろうか。
 果たして“団体戦のメンバーに入った”という事実を喜ぶべきなのだろうか。

「沙織、どうしたの? おーい、沙織ー?」
「……え?」
「何か今、凄く眉間に皺寄せてたよ?」
「あ、ごめん……」

 考え事をする時に眉間に皺を寄せてしまうのは、私の癖だった。

「折角なんだから、もっと嬉しそうな顔しなよ」
「……どうして?」
「どうしてって――レギュラーになって喜ばない運動部員が、この世の中の何処にいるのよ」

 彼女は、少し複雑な顔で、そう言った。

 ――あ。
 どうしてこんな事に気が付けなかったのだろう。
 私がこの事を。形はどうあれ、団体戦のメンバーに選ばれた事を喜ばなくては、メンバーになれなかった人に失礼なのだ。
 やっぱり私は、人の気持ちも碌に考えられない――冷たい人間なのだろうか。

「ごめん。私、甘えてた」
「……え?」
「ありがとう、気付かせてくれて。私、頑張るから」

 ――頑張って、美月の代役を務めきってみせるから。

 *

 射法第四節、“打起し”。
 一足開きの足踏みと同時に、弓矢を構えた両手を、正面の構えから垂直に持ち上げる。

 この時になると、もはや的以外の物は視野に入らなくなる――筈だった。

 弓道が身体と共に精神力を鍛えられると言われる所以には、“団体戦”という仕組みが作り出された事こそが在るのだろうと、私は思う。
 それはサッカーのPK戦と似ているものが在るのかもしれない――私はサッカーをやった事は無いのだけれど。

 “自分が外したら、チームが負ける”。

「やっぱりアイツじゃ――高橋じゃ駄目だったんだ。遠野の代役なんて荷が重すぎた」

 そんな事を言われるのだろうと――そう思うと、あの日の私の弓矢を持つ手は、どうしようもなく震えた。
 目眩がして、立って居る事さえ辛い。
 ――私は何をするんだっけ。何をしなければいけないんだっけ。
 
 二年生の夏、団体戦のメンバーとして試合に出場した私は――役目を果たす事が出来なかった。

 もう、弓道なんて嫌だ。辞めてしまおう。
 私が初めてそう思ったのも――そして私が初めて美月と喧嘩をしたのも、丁度この大会が終わった後だった。

「ラストシーン」 p4

20100721

 舞台を再び、卒業式の朝、誰も居ない朝の弓道場に戻そう。

 ――射法第二節、“胴造り”。
 私は前節の“足踏み”を受け、今度は上体の構えに入る。
 弓を正面に据え、矢を持った右手は腰の辺りに構えた。

 あの日、あの夕暮れの中で美月が言った言葉が、その涙が思い起こされ、風になって、私の心に小さな波を立てる。

 本来。

 弓道は正しい射法を行い、体格や筋力に合った弓を選ぶ事で、怪我の危険を抑える事が出来る武術だ。
 弓道に限らず、多くのスポーツなどでも、理論的に打ち立てられた“正しいフォーム”というのは基礎中の基礎であり、けれど最も会得の困難な技術の一つだろう。

 美月はまだ身体が出来ていない中学時代にハードな練習を課せられていたらしく、必然的に無理のある射法、フォームが癖に成ってしまったそうだ。
 身体、特に関節にどれくらいの負荷が掛っていたのかは、言うまでも無いだろう。

 そして美月は気付かないうちに、肘に爆弾を負ってしまった。
 中学時代の指導者が美月が二年生になると定年退職をし、新しい顧問がまるで弓道の素人だったことは、不運だったとしか言いようが無い。

 射法第三節、“弓構え”。
 身体の正面で取懸け、手の内を整えると、私は的を見据えた。
 今日は的がやけに遠く感じる――。

*

「これからは選手としてでは無く、部に貢献できたらと思います」

 それが美月の出した答えだった。
 あの夕暮れの海を見てから数日後の全体ミーティング。美月は部員全員の前で、毅然とした態度でそう言うと、私の方を見て少しはにかんだ。

 先輩も、同級生も、皆が驚いていた。後輩に至ってはすすり泣きを始める者までいた。
 遠野さんの分まで皆で頑張ろう、とか何とか。顧問の先生が皆に言葉を掛け、全員はそれぞれの練習に散っていった。
 美月は顧問の先生と何か話していた。

「あ、高橋さん。ちょっと待って」

 当時の部長が、同級生と外に走りに行こうとしていた私を呼びとめた。

「なんでしょうか、部長?」
「遠野さんの事は、とても残念だった」

 人が良い部長は、本当に心底残念そうな顔でそう言った。

 やさしい部長だった。
 だからきっと、私にこう言ったのも何も悪気があっての事では無かったのだろう。
 言葉の綾に過ぎない、と言うより事実だし、そんな小さな事を気にする私の方が、きっとおかしかったのだ。

「団体戦のメンバーなのだけれど、遠野さんの“代わりに”高橋さんにお願いしたいんだ」

「ラストシーン」 p3

20100717

「あ、名前を言って無かったよね。私は遠野美月(とおのみづき)。これから一緒に頑張ろうね」

 三年前、私が弓道部に入部したばかりの頃。同じ新入部員だった美月から私に初めて掛けられた言葉は、何も変哲も無いものだった。しかし私は彼女の小奇麗な装いや立ち振る舞いに、一目で好感を持った。
 
 そしてそれは何も私に限った事では無かった――当然ながら。
 
 先輩や同級生、そして後に入部してきた後輩も。その誰もが美月の、笑った時に出来る小さな笑窪や、的を見据える時の真剣な表情や、その思い遣りある言動に好感を持ったのだ。
 しかも。中学でも弓道をかなり真面目にやっていたらしく、一年生のうちからその実力は周囲の認めるところだったのだから、正に“非の打ちどころが無い”とはこういう人の事を言うのだと私はぼんやりと考えていた。

 快活。聡明。容姿端麗。

 上級生になってからというもの、美月の真似をして髪形をショートカットにした後輩も数多く存在した。
 およそ十名の後輩たちが、ある日急に肩まであった髪を短くして弓道場に現れた訳なのだが、この“十”という数字は、そう人数の多くなかった女子弓道部に於いてはかなりの割合を占める事になるのだ。

 向日葵のような人だと思っていた。
 そこに居るだけで場の雰囲気がぱっと明るくなるような、そんな良く出来た同級生、良く出来た部活仲間だった。

*

 私と美月は家の方向が同じだったので、練習が終わるといつも一緒に帰路に着いていた。
 二人で自転車を押して海岸通りを歩き、沢山の話をした。部活の事や、勉強の事、将来の夢や、気になる男の子の話など、美月と一緒に居ると幾らでも話題は見付かった。

「ねぇ、沙織?」

 ある日の帰り道――あれは確か、最高気温が三十五度にも達しようかという、茹だる様な夏の日だった。
 夕刻になってもまだ熱を帯びたコンクリートの防波堤に腰掛けていた私たちは、落日が水平線に沈もうとしているのを眺めながら、コンビニで買ったアイスを食べていた。

 どうしたの、と私が言っても彼女は黙ったままだった。美月が言葉を言い淀むのは珍しいことなので私はゆっくりと待とうと思い、美月に遣っていた目線を正面に戻して、ぼんやりと夕暮れの海を眺めることにした。

 空を低く飛ぶカモメの鳴き声と、潮の香りがとても心地よい。

「私ね、弓道辞めようかと思っているんだ」
 美月から唐突に告げられた言葉に驚いて、私は少しの間、言葉を返す事が出来なかった。

「美月。それ、本気で言っているの……?」
 私が漸く言葉を振り絞ると、美月は少しだけ泣きそうな顔で、ゆっくりと頷いて見せた。

「だって――。私たち、やっと二年生になって。美月は団体戦のメンバーにも選ばれて。なのに、なんで……」

 そうなのだ。下積みの一年間――実力者の美月でさえひたすらゴム弓を引き続けた一年間が終わり、私たちは漸く二年生になったのだ。
 しかも一学期の定期試験も終わり、梅雨も明けていよいよ夏本番という時期である。
 これからは嫌と言うほど弓を引けるし、合宿もあれば、大会もあるのだ。
 待ちに待った部活動の本番に差し掛かろうというこの時期にどうして、という私の考えは見当違いだった訳では無いだろう。

 けれど。

 私がそれらの想いを足りない言葉で語れば語るほどに、美月の心を傷付けてしまっていた。
 私が伝えようと――必死に説得をしようとした内容など、美月が理解をしていない筈が無い。
 聡明で思いやりの深い美月が、自分が退部をすることで掛ける迷惑に心を苦しめて居ない筈はなかったのに。

「私ね」
 最早すっかり混乱をしてしまい、矢継ぎ早に説得を繰り返していた私の言葉を静かに遮って、美月は言った。
「もう、大丈夫だと思ってたんだけど、やっぱり駄目だったんだ」
「もう駄目って、何が……?」
「中学の頃に痛めてた肘が、治りきって居なくて。今まで騙し騙しやっていたんだけれど――もう、思うように弓も引けないんだ」

 驚いた。

 美月が怪我を隠していたこと。恐らく今まで誰もそれに気が付いていなかったこと。
 そして、美月が私の前で初めて涙を流したことに――何よりも驚いたのだ。

「美月……」

 私は必死に涙を堪える美月の横顔を見遣った。
 頬を流れる一粒の涙に、洛陽の橙が反射したように見えた。

「ラストシーン」 p2

20100715

 今にして思えば。その噂は面倒臭がって誰もやりたがらない“委員長”という役職を、私のような馬鹿に押し付ける為に生み出されたものだったのかも知れない。
 しかし当時の私にはそんな事を考える心の余裕など無く――あろう筈も無く。
 或いはそんな噂を信じる程の純真さを持ち合わせていた、ということなのかも知れないのだけれど。
 とにかく、愚かな私は静まり返った教室で右手を掲げ、堂々と名乗りを上げてしまったのだ。

 ――私がやります、と。

*

 私は朝の弓道場の雰囲気が大好きだ。愛していると言っても良い。
 弓道衣の衣擦れの音さえ響く、しんと静まった朝の澄んだ空気。ひんやりとした木床の感触や、部室にある使い古された弓矢のひとつひとつ。それらは三年間の高校生活の中で私の一部になり、それを失うという現実は私をなんだか切ない気持ちにさせた。

 そして今日、3月9日。卒業式の日の朝。
 私は朝練があった頃と同じ時間にあたたかい布団を抜け出し、まだ冷たい初春の風を頬に受けながら自転車を漕ぎ、そして今、この弓道場に立っている。
 今日は朝練が無いようで弓道場には私一人が立っているだけだったが、過去を悔いるには却って好都合だ。
 
 ――息をひとつ、深く吸い込んでから、ゆっくりと吐く。
 私が弓を手に取る際に必ずしていた、ほんの些細な決めごと。そうだ、県大会の決勝のあの日も、丁度こうして大きな深呼吸をした。高ぶる胸の鼓動を抑え、28メートル先の的だけと向き合った――少なくとも、向き合おうと努力はしたのだ。

 私の所為で、チームは負けた。死ぬまで忘れられないだろう。

*

 射の基本動作は八つの節に分けられ、これは射法八節と呼ばれる。その第一節は“足踏み”だ。
 弓を左手、矢を右手に持ち両足を揃える。これを“執り矢の姿勢”と呼ぶ。この姿勢を取ってから初めて射位に入り、足踏みを行うのだ。

 私は一人きりの弓道場で弓を持ち、丁寧にこの姿勢を取った。
 遠くで鳥が鳴く声が聞こえる。

 二週間前に卸したばかりの足袋はまだ真っ白だ。その足で私は、的を見据えながら一足開きを行う。
 もう鳥の声も聞こえない。
 けれど、代わりに聞こえたのは――いつか聞いた、後輩の声だった。

 ――どうして、高橋先輩が部長になるんですか?

 額に汗が滲むのを感じた。まるであの六月の試合の日のように。
 やめてくれ。私だって、好きで部長などという役職に就いて居た訳じゃないんだ。

 ――高橋先輩よりも、遠野先輩の方が良いと思います。

 ちょうど一年前の卒業式の日、そう言った後輩に私は何も言い返せなかった。
 なぜなら。誰よりも、痛いほどそう思っていたのは、他でもない私自身だったのだから。
プロフィール

8

Author:8
機械音痴、方向音痴。

御連絡はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

読書カレンダー本棚
読んだ本を視覚的に再確認できるという面白いツール。 あまり胸を張ってお薦め出来るような本も読んでいないのですが。
だべり場、掲示板
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
リンク

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。